<< 2011-02- | ARCHIVE-SELECT | 2011-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

愛おしい寝顔



猫に限らず、動物の寝顔には本当に癒されます。



うらが腎不全とわかってから、以前にも増して寝顔が愛おしく感じられるようになりました。

老化に伴う病気だという事は理解していながらも、悪くなってしまった腎臓は再生する事はなく、
この子は老衰で命の最後を迎える事は出来ないのだろうかと、先の事を思うと不安で一杯になります。




スヤスヤと幸せそうに眠る顔を眺めては、
どうかこの先も苦しむ事がありませんように、どうか一緒にいれる時間が少しでも長く続きますようにと祈ってしまいます。




ずっと守ってあげるからね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |