<< 2011-02- | ARCHIVE-SELECT | 2011-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

余震が怖くて眠れない

今日の「東北地方太平洋沖地震」
今まで生きてきた中で、一番怖かった。

まだ余震が続いていて怖くて眠れそうもないので、今日のことを書き留めておこう。




これまで体験したことのない揺れで、床にへたれ込みました。
おさまらない揺れに足と手がブルブル震えました。

私は仕事中だったのですが、揺れがおさまった後みんなで非常階段でビルの外へ。

駅の周辺は液状化が始まり、泥水があふれ出していました。
歩道のタイルもはがれて、グニャリと曲がっています。



「うら、うら、うら・・・・・・」

家でひとりぽっちでお留守番しているうら。

どうしただろう、モノが倒れて怪我をしてないだろうか。

怖くて鳴き続けていないだろうか。


一分でも一秒でも早く帰りたい。



結局自宅に辿り着けたのは午後8時過ぎ。












P1030391_convert_20110312023149.jpg

無事だった!

怪我もない様子。



良かった。本当に。





P1030371_convert_20110312023436.jpg

でも、よっぽど怖かったのでしょう。

少しの物音にビクッとなります。
余震がくると、小さく震えています。



家の後片付けを後回しにして、ずっとだっこしてあげました。
たくさん話しかけました。


ようやくうらちゃんも落ち着いてきて、ぐるぐると喉を鳴らしてくれました。



P1030388_convert_20110312023001.jpg

安心したのか、ウトウトとし始めています。
その姿を見てやっと私も気が抜けました。


私の実家では震度6弱を観測したそうです。
断水が続き、信号も止まっているとのこと。
でも、家族はおかげさまで皆無事でした。


今日の地震で多くの方が亡くなり、家を無くし、家族を失いました。

こうしている今も自宅へ帰れず、家族と会えない人も大勢いるのでしょう。

どうか、この困難を日本人全員で助け合えることができますように。

どうか、今日私が感じた恐怖が、パワーに変わりますように。。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。