FC2ブログ

<< 2011-10- | ARCHIVE-SELECT | 2011-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

忍者と猫の眼




明るい光の中にいる猫ちゃんの瞳孔は細長い。










PB048515urabanashi.jpg


ほらね。うらちゃんの瞳孔もこんなに細長い。


おもしろいなあ、と思ったのでちょっと調べてみました。






(以下wikiより抜粋)

瞳孔は調整の範囲が広く、明るい所では細長く、
暗い所では目一杯開いて光の入る量を多くする。
暗い所での視力は良い。

時計が一般的でなかった時代、猫の眼の瞳孔の広さは時間帯によって変わるため、
忍者が概略の現在時刻を知るのに活用したともいわれている。

時間が真昼に近づけば近づくほど瞳孔の広さは狭くなり、
逆に真夜中に近づくほど広くなる。










PB048521urabanashi.jpg


へえ、忍者が猫を時計代わりに使っていたなんてビックリです。

忍者がこの写真を見たら、「ああ、そろそろ11時半か。」

なんて言うのかな(笑)










PB108807.jpg


瞳孔が開いた夜のうらちゃん。










PB108819urabanashi.jpg


こたつの中では、こんなに黒目になっていたんだね。










PB108816urabanashi.jpg


1日でころころ変わる猫の眼。

昼の眼と夜の眼、みなさんはどちらがお好き?


でも、ふと素朴な疑問。

時間が知りたい忍者が、真っ暗な夜に猫を探すのって意外と大変だよね。













さて、今何時でしょう。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m




スポンサーサイト

| 未分類 | 19:02 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。