<< 2012-09- | ARCHIVE-SELECT | 2012-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

猫と日光浴について

PA216324urabanashi.jpg

今日は素晴らしい秋晴れ。
でも、晴れれば晴れるほど、私の心は曇っちゃうのです。。。


秋になり太陽が低くなったので
南側のリビングにたくさんの日差しが入るようになりました。
うらちゃんもひなたを求めて窓辺へと張り付きます。










PA206277urabanashi.jpg

せっかく良くなった日光性皮膚炎。
もうどっちの耳が悪かったかも分からないほど、毛が生え揃いました。

うーん。。。日に当てたくないなあ。
でもうらちゃんは日光浴したがってるし....


そうだ、いいこと考えた。










PA216307urabanashi.jpg

いちごちゃんの帽子かぶせちゃえ。










PA216315urabanashi.jpg

紫外線に当たってマズいのは、耳や目の上の毛の薄い部分。
お尻や背中は問題ないのです。










PA216311urabanashi.jpg

久々の日光浴で気持ち良さそう。










PA216318urabanashi.jpg

うらちゃんのこんな気持ち良さそうな顔、最近で一番かも。










PA216312urabanashi.jpg

ほんの短い時間だったけど、満足できたかな、うらちゃん。

普段はレースのカーテンをひいて仕事へ行っています。
それでも紫外線をガードできるわけではないし、
いつもいちごちゃんにさせるわけにもいかないので、
窓ガラスに貼る「UVカットフィルム」の購入を検討中です。


ネットで「猫と日光浴」について調べてみました。

猫が日光浴をするのはビタミンDを作るため、と思っていたのですが
意外な事実が分かりました。

皮膚の下にある7-デヒドロコレステロールという物質が
紫外線の働きによりビタミンDへと転換されるそうなのですが
そもそも猫にはその「7-デヒドロコレステロール」が極めて少ないそうです。

つまり、紫外線をあてたところで
ビタミンDが作れるほどの7-デヒドロコレステロールを持っていない。
だから日光浴しなくても問題はないらしいのです。

ではどこからビタミンDを摂取するかというと、
キャットフードの中に十分含まれているのでまず不足することはないとのこと。



なんだか難しい話ですが、
日光浴させないことが栄養的によくないんじゃないかと思っていたので
この事実はすごくビックリしました。



それでも猫はひなたを求めるのですけれどね ^^;









ひなたぼっこはやめられないにゃ。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m




スポンサーサイト

| 【通院記録】と腎不全のこと | 16:12 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。