<< 2013-01- | ARCHIVE-SELECT | 2013-03- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「猫の十戒」を知っていますか?

P2142195.jpg

「犬と私の10の約束」という本をご存知でしょうか。
映画化もされましたよね。
その中でお話の軸となっている「犬の十戒」

最初に読んだときは、マジで泣きました。
ちょうどその時、ジョーも高齢になって介護されてた時期なので。



「犬の十戒」(作者不詳)

1 私の寿命は、10年。長ければ15年。
  何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
  私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。

2 あなたが私に望んでいることを
  ちゃんと分かるようになるまで少し時間をください。

3 私を信頼して下さい......それが何より嬉しいのです。

4 私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
  あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど、
  私には....あなたしかいないのです。

5 時には私に話しかけて下さい。
  たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
  あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。

6 私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
  あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

7 私を叩く前に思い出して下さい。
  私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、
  決してあなたを噛まないようにしているということを。

8 言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に
  そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
  ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか
  太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
  老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

9 私が年老いても、どうか世話をして下さい。
  私達はお互いに、同じように歳をとるのです。

10 最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
  「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とか
  そんなこと、言わないでほしい。
  あなたがそばにいてくれるなら、私は、どんなことも安らかに受け入れます。

  そして、どうぞ忘れないで。
  私がいつまでもあなたを愛していることを。




そして、最近知ったのですが、「猫の十戒」も存在するんです。


P2152217urabanashi.jpg

うら 「それでは、猫の十戒いくにゃー!」




「猫の十戒」(作者不詳)

1 汝、人間がモデムを使っているときは、キーボードに飛び乗ることなかれ。

2 汝、モデムの後にある電話線を抜くことなかれ。

3 汝、トイレットペーパーをロールから全部引っ張り出すことなかれ。

4 汝、透明ではないのでテレビやモニターの前に座ることなかれ。

5 汝、冷蔵庫の上から勢いよく吐き戻すことなかれ。

6 汝、ディナーパーティーのときにやってきて、尻を舐め始めることなかれ。

7 汝、人間の顔の上に尻を向けて横たわることなかれ。

8 汝、高いところから人間の股間に飛びかかることなかれ。

9 汝、どんなに速く走ろうとも、閉まったドアを通り抜けることはできない。

10 汝、目覚まし時計の上を歩いてタイマーをリセットすることなかれ。

11 汝、蝶番付きのフタが開くごみ箱に乗って、落っこちる罠にはまることなかれ。

12 汝、人間が腰掛ようとした瞬間にトイレの便座に飛び乗ることなかれ。

13 汝、午前4時に眠っている人間の膀胱の上にジャンプすることなかれ。

14 汝、家とはその日の気分で逃げ出してもよい監獄ではないことを悟るべし。

15 汝、人間の歩みがいかに遅くとも、つまずかせることなかれ。

16 汝、家にゲストがいるときはトイレのドアを押し開ける事なかれ。

17 汝、汝は肉食動物であり、観葉植物は肉でないことを思い出すべし。

18 汝、叱られている時は、反省の色を見せるべし。



いかがでしょうか。
10個では納まりきらない猫への思い(笑)

「犬の十戒」は犬達から飼い主へのお願いで
「猫の十戒」はその逆なところも、いかにも猫らしいですよねぇ。










P2172336urabanashi.jpg

うら 「6番と17番が得意です。エへ。」






両方に共通しているのは、そこに愛があることだ。
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:09 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。