<< 2014-02- | ARCHIVE-SELECT | 2014-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

チュッチュマンが「猫を飼いたい」と言い出した!



うら 「うぐぐ・・・」










P3107118urabanashi.jpg

うら 「朝日が眩しいにょです・・・」



先日、珍しく実家の父から電話がありました。
古くから「うらばなし。」をご覧頂いている方には「チュッチュマン」で分かるでしょうか・・・

チュッチュマンとは →


あいにく、電話に出れなかったので父の用件を聞くことができなかったのですが
後日、母からの電話で父が私にわざわざ電話をかけてきた理由が分かりました。










P3107125urabanashi.jpg


母 「お父さん、猫が飼いたいんだって!」


定年を迎えて、家にいても退屈でしょうがない。
全部自分が面倒を見るから猫が飼いたい。
でも、お母さんに話したら絶対に反対される。
だからお母さんに内緒で私に根回しの電話をかけてきた。


と、こういう事らしい。










P3097097urabanashi.jpg

お父さんの気持ちも分からなくもない。
すごく可愛がっていた愛犬ジョーが亡くなってもう5年。
話し相手が欲しいんだろうなあ。
お父さん、ああ見えて動物大好きだしなぁ。

でも、母は猛反対。
母は「猫だって10年、20年と生きるのに、
いつ具合が悪くなるか分からない初老の私達が今から飼い始めて、猫の面倒がみれなくなったらどうするの?」

そして「自分が面倒見るって言ったって、結局私がやることになるんだから」

この言葉は私が小学生の時に「猫飼いたい」と言い出した時に言われたのと同じだ。
親子で同じこと言われちゃってるよ ^^;










P3097107urabanashi.jpg

母の反対する気持ちも分かる。
15歳を超えたうらちゃんと暮らしていると特にそう思います。
うらちゃんを飼い始めた頃に、きちんと15年後のことを想像できていたかと聞かれれば自信がない。

で、母が私に念押しで
「この話はお父さんのことを説き伏せたけど、もし味方になってくれと言われても加担しないように」
ということでした。












さあ、私はどっちの味方をしようかしら。





にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ランキング参加中
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:28 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |