<< 2014-07- | ARCHIVE-SELECT | 2014-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

カメムシさんはお母さんなのですか?



残暑厳しき折り、皆様いかがお過ごしでしょうか。
寝起きのうらちゃんです。
あたまのてっぺん、ヘコんでます。










P8221587urabanashi.jpg

今日は少し不思議なお話を。
ここ数年、うらちゃんの誕生日近くになると、我が家にお客様が来るのです。

一昨年はケガをしたカブトムシが玄関前に。
(このカブトムシは結局保護してひと夏飼いました)
去年は誕生日当日にセミがベランダに。
(うらちゃんとガラス越しに数時間見つめ合ってました)
そして、今年は誕生日の前日にカメムシがベランダに。
(またまたガラス越しに見つめ合ってました)










P8221597urabanashi.jpg

画伯がね、「きっとうらちゃんのお母さんが、姿を変えて会いに来てるんだよ」

なんて言うんです。



どう思います?




私は「夏だからだよ」と思うのですが。










P8221590urabanashi.jpg

まったく男ってロマンチストだよねぇ、うらちゃん。

人間の親子と違って、うらちゃんとお母さんは年齢の差があまり無いかもしれないし
ということは、うらちゃんのお母さんはまだ生きている可能性だってある。

それに

カブトムシ → セミ → カメムシ  っていうのもいかがなものか。










P8221594.jpg

もし万が一、今年のカメムシがうらちゃんのお母さんだとしても
JOEは触れませんことよ。





いまだに毎日カメムシを探すうらちゃん。
「お母さん来年また会いにきてくれるって」と諭す画伯・・・
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ランキング参加中
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

スポンサーサイト

| 未分類 | 19:24 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。