<< 2015-03- | ARCHIVE-SELECT | 2015-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

今のうらちゃんのために。



うらちゃんのタワーでこけちゃった事件に
たくさんのアドバイスありがとうございました。
すごく参考になりました!

画伯とも相談した結果、今のタワーを少し改良してみました。

まずは、このてっぺんの部分を取り払っちゃう!










IMG_6913urabanashi.jpg

てっぺんの部分と繋がっていた柱を外し、
箱の部分としっかりネジで固定。

てっぺん部分はフチに少し枠があって
ここに寄りかかりながら寝るのが好きなうらちゃんの為に
残すことにしました。










IMG_6912urabanashi.jpg

ここで動線の確認を。
青い線は安全な動線。
赤い線は危険な動線。

てっぺんを取ることで、斜め下りは回避できそうです。
さらに、狭いところから下りる動線をなんとかしなきゃ。










IMG_6914urabanashi.jpg

うらちゃんから見ると、こんな狭いところに手をついていました。

実は先日の転倒も、ココが原因。
手をついた時にツルッと滑ってしまったんです。










IMG_6928urabanashi.jpg

タオルと素材の柔らかな物で「ここには下りられないよ」とアピール。
いちごの帽子も出動。










IMG_6924urabanashi.jpg

うらちゃん目線はこうなります。
物がある場所にはムリに下りない性格なので、
これで足場が広い右側から下りてくれるはず。

さて、うらちゃんに見せてみよう。










IMG_6938urabanashi.jpg

おお、自然と自分で登って行けました。










IMG_6942urabanashi.jpg

少し低くなってしまったけど










IMG_6943.jpg

全然気づいてないみたい。










IMG_6952urabanashi.jpg

こうして外を眺めることがうらちゃんの楽しみであるならば
なんとかその楽しみを守ってあげたい。










IMG_6954urabanashi.jpg

今回の改良で、少し様子を見てみようと思います。
もともと広い足場のタワーなので、動線さえその広い足場に誘導できれば
以前よりだいぶ安全になる気がします。


うらちゃんももう16歳。
昨日と今日は同じようだけど、少しずつ老いていくんだよね。

今のうらちゃんに合った方法で
今のうらちゃんの意思を尊重できるように
私と画伯も頑張ります。


この先もっと老いてしまっても
その時のうらちゃんに合った方法をうらちゃんの為に考えよう。



どうか、皆さんもこれからのうらちゃんを見守ってあげてくださいね。






にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村
ランキング参加中
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m





★写真集「うらばなし。」2015年4月11日発売決定★
Amazonにて予約受付中です。

うらばなし。~うらちゃんの365日~ (リンダパブリッシャーズの本)うらばなし。~うらちゃんの365日~ (リンダパブリッシャーズの本)
(2015/04/09)
JOE

商品詳細を見る

うらちゃんをあなたの手のひらに。
画像をクリックするとAmazonのページへリンクします。


スポンサーサイト

| 未分類 | 19:51 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |