<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

とうとうこの時がやってきた。



とうとう、この時が来た。







キャットタワー解体。










urabanashi-3350.jpg

ブログでも何度かお話ししてきましたが
高齢になるに伴い、タワーの上り下りがかなり危なくなってきました。

顔がね、童顔だからね、
まだまだ若く見られがちなんだけど
体の中はもう立派なおばあちゃん猫になったようです。

だって17年だもの。
私だって、この17年の間に白髪も出たし、老眼にもなりかけてる。
寝不足が続けば腰にくるし、顔のシワだって増えた。

だから、うらちゃんが歳をとって出来ないことが増えたとしても
それはすごく当たり前のことなんだ。
「今のうらちゃん」に合わせてあげることが
飼い主のすべきことなんだ。


そうは分かっていても、
思い出のたくさん詰まったタワーを解体する時は泣きそうになりました。


もし、愛猫を亡くされた方が、ご自宅のタワーを片付ける時が来たとしたら
きっとそれは私の何十倍も、何百倍もつらい作業だろうと思いました。


私は、振り向けばまだうらちゃんがいてくれるわけで
うらちゃんの安全のために取り壊す作業は、
まだまだ飼い主としてできることがある幸せな作業なのかもしれません。










P8133615urabanashi.jpg

これ、1代目のキャットタワー。
13年も使ってました。










urabanashi-00033125.jpg

生後半年くらいのうらちゃん。
このタワーのてっぺんに登って、鳥さんを見るのが大好きだったの。










P8133605urabanashi.jpg

そして、13歳の時に買い替えたのがこの高齢猫用キャットタワー。
ステップが広いものを探すのが大変だったんだ。

もうあれから4年も経ったんだね。










urabanashi-3320.jpg

そして、今日。
バリアフリー。










urabanashi-3338.jpg

うら 「あれ?」










urabanashi-3343.jpg

うら 「あれれ?」










urabanashi-3345.jpg

うら 「ちょこん。」

少し気にしたものの、思ったよりすんなり受け入れてくれました。










urabanashi-3356.jpg

まあいいさ、とおおらかに受け入れるうらちゃんとは反対に
実は解体したタワーを捨てずにとっておいてる私と画伯。


かなりかさばるけど、まだ捨てずにおこう。


っていうか
解体するだけでも寂しかったから
捨てるのなんて無理!
大丈夫、納戸を整理すれば何とか仕舞えるぞ。





ランキング参加中
クリックしていただけると励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

| 未分類 | 08:49 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おはようございます(*^^*)
想い出の詰まったタワー、無理に捨てなくて良いと思います❤
私事ですが お空に旅立ってもうすぐ2年になる わんこのベッド、
やはり片付ける事が未だにできません。

そんなうらちゃんの「あれれ?」が
可愛いくて
ちょっと泣けちゃいました❤

| ゆう | 2016/01/19 09:16 | URL |

いつも涙をさそう言葉がつらなっています。
ほんとうにほんとうに大切な大切な愛猫。

| クリノキ | 2016/01/19 09:54 | URL |

これもわかります
捨てがたいですよね
今でもとって有ります
ミーコとみるちんが使ったご飯茶碗
今のメイが引き継いで使ってます
うらちゃんも大事に使いましたものね
うらちゃんが元気でいる間は大切にとって置きましょ

| みるちん | 2016/01/19 15:37 | URL |

こんにちは。

分かります。
痛いくらい気持ち分かります。
こちらにお邪魔させていただくようになってからかなり経ちますが、「うん、そうだよ。そうなんだよ」とか「いつかその時がうちにも来るのか」とかいろんな気持ちを抱きながら読ませていただいています。

うちには6歳、5歳、3歳の子がいます。
5歳のスコがちょっと心臓が弱くてですね…
うらばなしを読んでると今できる精一杯のことをしようって思います。
うちもよちよち歩きになってもずっとずっとかわいいかわいいって言って毎日過ごします。

うっかり地下鉄の中で読んでしまい、朝から涙する怪しい奴になってしまいました私です。

うらちゃん大好きです。

| クリひな | 2016/01/19 21:13 | URL | >> EDIT

うらちゃんにとって安全なおうちに
リフォームされたのですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

淋しいけどまた使う日まで
キャットタワーさんおつかれさまです!


昨年1月に亡くした子を思い出して
泣けてしまいました。

でもでも
うらちゃんがたくさんバリアフリーを
楽しんでくれますように(ฅ'ω'ฅ)

元気玉も送ります!

| しゃむしゃむ | 2016/01/19 22:48 | URL |

出会いがあれば別れがあるように
キャットタワーも作る時があれば壊す時もくるのですよね

うらちゃんがお外や鳥さんたちを見たい時は
これからはJOEさんと画伯が抱っこして同じ目線で一緒に見られるのですから
こんなに幸せなことはないですね!
うらちゃん、低い世界が多くなっても
うらちゃんの側にはJOEさんと画伯がいて何も変わらないんだよ
安心だねっ♡

| らっきー | 2016/01/20 00:30 | URL | >> EDIT

よくわかります・・・

まるくの使ったものは、全部とってあるわが家・・・。(なんと、まるくの残った薬も、やっと処分したという・・・)
幸いといってはなんですが、チッタたちが、まるく兄ちゃん(偉大な!!とつけてしまううずまきん夫婦)の使用したものを、ふつ~に使うので、「ああ、まるくも使ってたな」と、うれしく見ています。
解体しても、とっておきたくなる気持ち、よくわかります。いいと思います、おいておけるスペースがあるなら。

チッタも7歳の誕生日を迎え、気を引きしまなくちゃ!!と思う自分がいて、「ああ、まるくが年取ってきたことにもっと早く気づけば・・・」と思っているんだな、と。

やっぱり、まるくは、私たち夫婦にとっては、永遠のナンバーワンなんですよね。愛情はそれぞれの子にたっぷりあるけど、もはや、わが家では神格化されつつあります(笑)
そして、ゆっくりゆっくり頑張ってるうらちゃんを、まるで親戚の子を見ているように、うれしく拝見しています。
まるくのつないでくれたご縁を、大切にしていきたいと思います。

ぐっと冷え込んできました。お忙しそうですが、JOEさんも体調には気をつけてお過ごしくださいね。

| うずまきん | 2016/01/20 01:58 | URL |

大事にとっておきたい気持ち、わかります。食器にブラシ、おもちゃに…古くなり買い替えても捨てれないです。うちの子は心臓病で脚も悪いです。年はうらちゃんの半分以下なのに何だかもうおじいちゃんです。1日1日が大事って毎日思っています。でも…愛情たっぷりの言葉、優しさいっぱいのJOEさんの様でいよう、って思うとこれからもずっとそばに居てくれると思えて来ます。

| 安部 | 2016/01/20 14:11 | URL | >> EDIT

ゆったりと

うらちゃんと、麗らかな日々を過ごしてくださいね。

応援&見守ってますよ!

| mee | 2016/01/20 16:37 | URL | >> EDIT

気持ち、わかる気が‥。
☆、昔から使ってるボッッロボロのキャットタワー未だに使ってるもの。
新しい子猫が遊んでると、「○○と同じ事してる♪」って喜んだりしちゃうのです。
他人が見たらゴミなんだけど‥。

| ☆ | 2016/01/21 00:22 | URL |

せっかく高齢猫用のタワーに買え変えたのに、
撤収 は さみしいですね。
でも 17歳だと 筋肉が落ちてきていますから、
危険回避の 愛情なんですものね。
家は 足腰が弱ったニャンズがいたときも、
自ら 上がらなくなってましたから、
タワーは そのままにしてました。
一番下の部位が好きで 横になってましたし。




| まぐろ | 2016/01/24 12:15 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>